【副業ラボ会員インタビュー】複数サロンを運営する副業戦士ダンサーさん

こんにちは。悠斗です。

先日、複業ラボ会員で、既に幾つもの複業を軌道に乗せているハイパー複業戦士・ダンサーさんにインタビューさせて頂きました!

インタビューの最後には、これから複業を始める人への、ダンサーさんからの熱いメッセージもあります!ぜひ最後まで楽しんでください!!

悠斗

悠斗
ダンサーさん、こんにちは。今日は宜しくお願いします!まず自己紹介からお願いできますか?
ダンサー

ダンサー
こんにちは!ダンサーです。複業ラボではいつもお世話になってます。僕はジャンル的には、『歌い手』や『踊り手』に分類される人ですかね。今はTwitterを中心に、歌の歌い方や、スモールビジネスのノウハウなどを呟いています。
悠斗

悠斗
ダンサーさんの学生時代のお話から伺って、いまダンサーさんが複業にしている、「歌」「ダンス」「英語」「マーケティング」などに繋がる話を伺えればと思います。まず、英語は学生時代から得意だったんですか?
ダンサー

ダンサー
英語は中学生の頃から頑張ってました。日本の教育って、中学から英語を始めるじゃないですか。それまでは、特に勉強は得意じゃなく、運動もできなくて。笑 でも、英語は中学から同じスタートラインだから、これだけはトップに立ってやろうと思ってました。
悠斗

悠斗
そうだったんですね!運動は出来そうなイメージを持ってました。
ダンサー

ダンサー
体育は5段階評価で2でした。笑 今でも球技は苦手です。割りとバランスの悪い子供でしたね。特化することに快感を覚えるというか。ホントに好きなことしかやらなくて、他のことは捨てちゃうみたいな。だから、ダンスだけなんです。笑
悠斗

悠斗
そうなんですね!『多動力』という著書で話題の堀江貴文さんみたいですよね!好きなことだけに特化して、それが大人になった今でも活かせてる感じですね!
ダンサー

ダンサー
英語は中学から頑張って勉強して、高校は1人だけ外語系の私立高校の英語科に行ったんですよ。それまでは目立たないキャラだったんですけど、自分を変えたいと思って。それで、高校に入学してすぐにバンドを始めました。
悠斗

悠斗
英語は中学から頑張って、高校は英語科に行った。それで、高校からはバンドを始めたということで、20年以上の時を経て、いまオンラインサロン『カラオケ工学研究所』や『English Gym』を経営されてますが、好きだったことをマネタイズできてるのは素晴らしいですよね!
ダンサー

ダンサー
そうですね。でも、やっぱり自分が若い頃、20代だった頃とかは、今ほどネットも進化してなくて、好きってだけでは、上手く行かなかったんですよね。歌の実力は当時から今と変わらないレベルだったんですけどね。
悠斗

悠斗
確かに僅か10年ほど前と比べても、今とは環境が全然違いますよね。ここ数年、スマホ時代になって、個人が得意なことをマネタイズできる環境が整ってきて、10代や20代の頃にダンサーさんが打ち込んでいたことが活かせるように、時代が追い付いてきた感じだと思います。
ダンサー

ダンサー
そうですね。Twitterがあって、noteやオンラインサロンのようなゼロリスクで始められるプラットフォームが出来て、自分の好きなことにレバレッジを掛けられるようになりましたね。沢山の人に情報発信できるようにもなりましたし。
悠斗

悠斗
そういう変化は大きいですよね。ところで、大学も外語大に進まれたそうですが、卒業後はすぐに会社員になったんですか?
ダンサー

ダンサー
いえ、就職したくなくて。笑 就活は一応しました。でも、当時はいわゆる就職氷河期と言われていて、結構冷たい扱いを受けたような気がします。今なら違った戦略も立てられたんでしょうけど。
悠斗

悠斗
ダンサーさんの世代だと、ちょうどITバブル崩壊の少し後に、就活することになった感じですよね。
ダンサー

ダンサー
そうですね。2000年代初頭くらいです。そういうこともあって、大学卒業からしばらくは、早朝から午後早めの時間帯までバイトして、夕方から毎日のように歌や踊りのレッスンに通う、みたいな生活を20代後半まで何年も過ごしました。
悠斗

悠斗
なるほど!ダンサーさん、いつも早朝に「Mornin!」ってTweetしてますけど、その頃からの早起習慣が今も活きてるんですね!ところで、当時はどんなバイトをしてたんですか?
ダンサー

ダンサー
毎朝5時に置きて、7時〜14時までミスドでバイトしてました。開店前から仕込みをやって、ドーナツを沢山作って、『じゃ!』って帰るみたいな。当時は時給780円とかだったので、よくやって行けてたなと思います。笑
悠斗

悠斗
時給780円だと結構大変だったでしょうね。生活して、歌や踊りのレッスンもして、お金掛かりそうですから。
ダンサー

ダンサー
なので、いまもファーストフードとかコンビニでバイトしてる若者を見ると、『もっと良いバイトあるよ、きっと…』と思います。
悠斗

悠斗
今だと、一緒にMarketingサロンをやってるネテロ君とかそうですけど、時給1000円程度の学生バイトを上回る利益を自分のビジネスで得る方法もありますからね。
ダンサー

ダンサー
彼はもう、普通のバイトでは絶対に満足できないでしょうね。笑

歌もそうですけど、自分のコンテンツが売れたとき って、お金以上のものがあるじゃないですか。それが、 自分の人生を掛けたものだったり、 大好きなものだったりしたら、尚更ですよね。ダイレクトに自分と世界が繋がるような感覚を得られますから。

悠斗

悠斗
そうですよね。思い描いていた夢と完全に同じ状態ではなくても、今のダンサーさんのように、近いところで仕事として成り立つというのは、幸せを感じられることですよね!
ダンサー

ダンサー
そうですね。需要に合わせて、好きなことや特技を少し変化させるというのは、マーケティング的にも大切なことだと思います。
悠斗

悠斗
歌やダンスに一旦の区切りを付けて、20代後半の頃に就職されたんですよね。
ダンサー

ダンサー
そうですね。その時に付き合っていた子に『いい加減にして』って言われて。笑 その子、僕のバンドのファンだったんですよ。それなのに・・笑
悠斗

悠斗
その子とはもう会ってないんですか?
ダンサー

ダンサー
その子はもう結婚してしまって、会っていませんが、今こうやって歌で稼げているところは、見せたい気持ちはありますね。
悠斗

悠斗
それで、それなりに稼げる職場に就職できたというのは、結構すごいですよね。新卒一括採用の文化がある日本で、なかなかフリーターから一般企業への転職は難しいじゃないですか。
ダンサー

ダンサー
当時は20代後半なら、親戚のツテとかでいくらでも就職できましたよ。たとえば、叔父さんがバブル世代で大企業に勤めてて、その子会社に入れてもらうなんてのは、楽勝でした。
悠斗

悠斗
なるほど。そういうツテの有無とかで、結構違ってきそうですよね。
ダンサー

ダンサー
まぁ、今の子たちも、就活で失敗しても別に大丈夫だと思うんですよね。給与面に拘らずスキルを身に付けることを考えれば。僕の場合は最初に入った会社から6年前に転職したんですけど、TOEIC900点くらい取っておけば、あとは転職エージェントに登録して転職も出来ました。
悠斗

悠斗
なるほど。ここでも中学校から頑張って、高校・大学と外語系に進んだことが活きてるんですね!

ところで、20代後半で就職してから、Twitterを始めて今のようにオンサインサロンを複数運営するようになるまでの期間って、歌やダンスは続けてたんですか?

ダンサー

ダンサー
続けてましたね。オフラインで複業もやってたんですけど、全くスケールしなくて。趣味でやりながら、月に数千円くらいもらって。あと、イベントに出演したりもしてました。
悠斗

悠斗
そうだったんですね!じゃあ、会社員を続けながらも、好きなことでマネタイズはしてたんですね。やっぱり、オフライン⇒オンラインで大きく変わりました?
ダンサー

ダンサー
オンラインの方が全然効率が良くなりました。全く労力は同じで、僕の熱意も同じなのに、スマホでやったら収入が10〜20倍になった!という感じですね。オンラインサロン『カラオケ工学研究所』を立ち上げて、本当に良かったです!
悠斗

悠斗
オンラインサロンを始めようと思ったキッカケは何だったんですか?
ダンサー

ダンサー
オンラインサロンは、匿名社長さんのアイデアだったんですよ。noteとカラオケアプリで歌を公開してたら、「クローズドなコミュニティを作ったほうが良いよ」とアドバイスされて。
悠斗

悠斗
そうだったんですね!ダンサーさんは、匿名社長さんの複業メルマガも購読されていて、複業ラボにも初期から入会頂いてましたよね。
ダンサー

ダンサー
そうですね。その2つが立ち上がった頃です。ところで、複業ラボが誕生したキッカケは何だったんですか?
悠斗

悠斗
私が「若い人はもっと収入源を多角化した方が良い」という趣旨のことをTwitterで呟いたんです。若い人が色んなことにチャレンジできないのは、一歩踏み出せない地蔵現象もありますが、もっと現実的なお金の問題もあるという問題意識があったので。
ダンサー

ダンサー
そうだったんですね!結構素早い動きでしたよね。
悠斗

悠斗
私がTwitterアカウントを作ったのが2016年の7月末で、8月20日頃にパンダさん(複業ラボ共同主宰者)からTwitterでDMがきて、「noteで複業対談しましょう!」と誘われたんです。で、その流れでオンラインサロンを開設する話になり、9月1日には複業ラボはオープンしてました!
ダンサー

ダンサー
普通はフォロワーが1000人以上になったら、オンラインサロンを開設して上手く行く、とか言うじゃないですか。でも、今の様子を見てると、それほど会費が高くなければ、500人くらいのフォロワーでも行ける気がしてます。
悠斗

悠斗
そうですね。特定のテーマでTweetを継続していて、そのテーマに強い人だと認知されていれば、会費の低いサロンなら全然行ける可能性あると思います。
ダンサー

ダンサー
そうですよね。オンラインサロンは、SynapseでもDMMオンラインサロンでも無料で開設できるので、失敗してもノーリスクじゃないですか。有料noteを出すのだって、執筆時間だけで金銭的にはノーリスクですよね。だから、皆どんどんやったら良いと思うんですよね。
悠斗

悠斗
ホントにそうですよね。でも、最初の一歩を踏み出すということが、なかなか出来ない人も沢山いるみたいです。複業ラボでは、その背中を押したいですね。
ダンサー

ダンサー
たぶん、「やりたいけど、しくじったら恥ずかしいな」とか、そんな程度の迷いだと思うんですよ。そんな思いは捨てて、まず行動に移したほうが良いですよね!
悠斗

悠斗
ホントにそう思います。いま複業ラボで100人以上の会員がいますが、私やパンダさんにも、失敗したサロンはありますから。
ダンサー

ダンサー
やってみないと、何ともいえない部分って確実にありますからね。まず身軽に動いて欲しいですね。ちょっとの時間を使うこと以外は、ノーリスクですから。
悠斗

悠斗
ところで、ダンサーさんは現在4つのオンラインサロンを運営されてますが、最初は「カラオケ工学研究所」でしたよね。複業ラボでも宣伝ツイキャスを一緒にやったので、昨年末頃だったと記憶してます。
ダンサー

ダンサー
はい。最初がカラオケで、その後、「英語」「ダンス」「マーケティング」の順で、今年の春以降にサロンを増やしてきた感じです。1つ目のサロンをやったことで、自分の中でフォーマットというか、王道パターンが見えてきたので、自分の得意なことを中心にサロンを増やしました。
悠斗

悠斗
そのフォーマットに、自分の得意なことを乗せていくだけなんですよね。
ダンサー

ダンサー
そうですね。なので、まだ全然次のアイデアを思いついてます。語学系は、スペイン語や中国語だったり、あと男性の美容関係とかも面白いと思ってます。
悠斗

悠斗
なるほど。男性の美容はすごく需要あると思います。これから寿命が伸びる中で、ダンサーさんのように10歳以上も若くみえるなんて、皆が望むことになると思いますから。
ダンサー

ダンサー
男性の美容は需要ありますよね。それに、サロンじゃなくても、WEBメディアを立ち上げてアフィリエイトとかでも行けそうだと思ってます。悠斗さんは、何か次のアイデアはあるんですか?
悠斗

悠斗
僕はオンライン読書会というか、教養が身に付くような骨太な本を皆で読んで議論するような、オンラインゼミみたいなコミュニティを作りたいと思ってます。たとえば、毎月2冊の課題図書でも、1年間で24冊じゃないですか。たとえば、最近話題になった『サピエンス全史』みたいな本を24冊も読めば、かなりの教養や考えるベースの力が養われますし、いま必要なのはそういう力だと思ってるので。
ダンサー

ダンサー
なるほど。普段からTwitterを見てると、「あ、この人とこの人が組めば、たぶんこんなビジネス出来るな」と思うことが結構ありますが、そのオンライン読書会は、誰か一緒にやりたい人とかいるんですか?
悠斗

悠斗
うーん、もし誰かと一緒に運営するとしたら、学生さんか若手社会人が良いですね。たとえば、いまパッと思いつくところだと、『Marketing & Brainstorming』サロンに入会して頂いている あんどーなつさん なんかは、読書家のようですし、とても優秀なので、良さそうな気がしますね。
ダンサー

ダンサー
なるほど。あんどーなつさんは優秀ですよね!僕は『7つの習慣』とかも良さそうだなと思います。それに、書籍のアフィリエイトとも相性の良さそうですね!
悠斗

悠斗
そうですね。さて、そろそろ終盤ですが、ダンサーさんは、いま複業収入ってどの程度あるんですか?
ダンサー

ダンサー
お!いきなりですね!複業ラボのおかげもあって、少ない月で5万円くらい、多い月は15万円くらいの複業収入を得られるようになりました。オンラインサロンが5〜7万円で、残りは有料noteの売上の違いですね。これは、サラリーマンで言えば、1つか2つくらい役職昇進するのと同じ位のインパクトだと思ってます。
悠斗

悠斗
なかなか順調ですよね。まだネット複業を初めて1年足らずですから、ダンサーさんの複業収入はこれからも順調に伸びると思います!

最後に、ダンサーさんから、これから複業に取り組む人たちに、何かメッセージをお願いします!

ダンサー

ダンサー
先ほどもお話しましたけど、会社員一本で月収を15万円アップさせる、年収を100万円アップさせる、というのは、相当な苦労をして、イヤな思いもして、そういうポジションを手に入れないといけない事が多いと思います。それは何故かというと。みんなが同じ条件で、同じ土俵の中で戦っているからです。

でも、もっと多様な稼ぎ方があって良いし、どんどん今の時代に合わせて、稼ぎ方をアップデートしていかないといけない。働き方だけが変わらない、ということはないはずです。

世界中の人が繋がれるから、 自分の好きなこと、得意なことを 世界中の人に届けられる。10年前は100人にしか届けられなかった事が、今は10000人、もっとたくさんの人に届けられる。

なので、 声を大にして、 世界に『自分はこれが出来るんですよー!』と言うべきだと思います。それで、組織の中ではなく、個人として世界と繋がれたときに、『大好きなこと』が仕事になるポイントが現れると思います。

その喜びを知って、ぜひ僕たちにも教えて欲しい。そういう仲間がどんどん増えて行ったら、もっと世の中が楽しくなると思います。明日から、何かを始めてみましょう!

悠斗

悠斗
最後にダンサーさんから熱いメッセージを頂きました!ダンサーさん、ありがとうございました!

 

ダンサーさんの複業を一挙に紹介!

今回インタビューさせて頂いたダンサーさんは、オンラインサロンと有料noteを中心に既に沢山の複業ビジネスを成功させています!ダンサーさんが手掛けるビジネスを下記にまとめてみました!

【オンラインサロン】
『オトすカラオケ!』カラオケ工学研究所
English Gym 〜Globalize Yourself〜
Marketing & Brainstorming 〜ヒントの引き出し〜
ダンス部

【有料note・マガジン】
うたモテっ!1〜5号セット
読むだけで歌が上手くなる!週刊『読む』ボイトレ

オンラインサロン『副業ラボ』会員募集中

副業ラボは、「自分で稼ぐスキル」を身に付け、一歩踏み出し、継続的に大きく育てていくための有料会員制オンラインサロンです。

会員各自が、「アフィリエイト」「ネット物販」「有料note」「オンラインサロン」「ブログ運営」などで、『自分の得意なこと・好きなこと』のマネタイズに取り組んでいます!

詳しくは下記の画像をクリックして、募集ページを御覧ください!

関連記事

関連記事がありません。